目名振の池のカモ


下久堅虎岩の中段をはしる広域農道のすぐ山側に目名振の池があります。ため池ですが、周囲に樹木が茂っているため、冬季にはカモがたくさん集まります。ここは水辺の野鳥を観察する絶好のポイントです。カモは8月頃から集まりはじめ、10月頃には100羽以上になり、小さな池がカルガモやマガモで埋まってしまいます。夕方になると、数羽ずつ群になって天竜川や水田へ餌を求めて飛んでいきます。


 

岸辺にそって泳ぐカルガモ 緑の囲まれた目名振の池
 
ヤブの下で警戒しているマガモ  

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる