もなみ園


もなみ園は山間地の山田にあります。ここでは休耕田を利用して農村本来の生態系を復元しようと試みられています。1994年春「野あそびの会」が荒れほうだいの休耕田に小さな池をつくりました。この池には数ヶ月でゲンゴロウやガムシ、イモリなどが見られるようになりました。ちょっと手を加えただけで自然が戻ってきたのです。もなみ園ではお米づくりや雑木林の下刈り、落ち葉かきなどの作業を通して自然にふれることができます。


 

もなみ園の小さなため池 小さな子もどろまみれになって米づくりに参加!?
ヨツボシトンボもみられるようになった 数少なくなったメダカが泳いでいる

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる