日本一のポットホール


瀬戸の滝から200m上流に、日本一形のきれいなポットホールがあります。河床に下りると、一面が平坦な一枚岩となっています。岩盤を流れる売木川が下流の瀬に落ち込むところをみると、直径60cm、深さ1.4mの丸い穴があいています。これがポットホールです。中をのぞくと、みごとならせん状の条痕が残っています。ポットホールをくりぬいたドリルストーンがつけたものです。すぐ隣の淵は巨大なポットホールです。


 

螺旋状の削り跡がのこるポットホール 滝と親子ポットホール
花崗岩の節理にそって侵食してできた滝 節理にそって淵ができている

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる