寒原峠の断層変位地形


阿智村から国道153号線を南西へ向かうと、寒原峠の掘り割りにでます。この掘り割りを少しのぼった南側に平坦なところがあります。この平坦地は、下条山脈から恩田川へ張り出している小さな扇状地です。扇状地をよくみると、中程には北東−南西方向につづく段差があって、恩田川側が5mほど盛り上がっています。この段差は昼神断層によってつくられたものです。扇状地ができた後、昼神断層が動いて扇状地を5mずらしたのです。


 

低断層崖の上から南の治部坂峠方面を望む 南から望む低断層崖(道路の向こうの小さな崖)
 
梨子野峠からみた寒原峠(矢印)  

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる