三伏峠


鳥倉林道終点から三伏峠への登山道が整備されたため、3時間ほどで峠に立つことができます。三伏峠はかつて伊那谷と駿河をむすんだ古道で、日本一高い峠でした。現在では塩見岳や荒川岳方面へ向かう登山者でにぎわっています。林道終点からしばらくの間は石灰岩やチャートがめだつ秩父帯の岩石が分布します。仏像構造線を越えると、四万十帯の泥岩や砂岩が多くなります。三伏峠から50分ほどで展望のよい烏帽子岳につきます。


 

日本一高い三伏峠 三伏峠付近から望む塩見岳
三伏峠付近から望む烏帽子岳 三伏峠の登山道から望む小河内岳

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる