天竜峡の岩と緑


諏訪湖から流れ出た天竜川は伊那谷を下り、山地帯に入ります。この入口が天竜峡です。天竜峡には縦横の節理にそって侵食された白い花崗岩が分布していて、周囲のマツや常緑樹の緑に調和して美しい景観をつくっています。岩盤には竜角峰などの文字が刻まれています。これは中国の古い伝説や仙境になぞらえたもので、天竜峡十勝と呼ばれます。他にもイボ神様、ばくち岩など天竜川の流れが削り込んだポットホールがあります。


 

竜角峰から望む天竜峡と風越山・中央アルプス南部 イボ神様としてまつられているポットホール
アラカシなどの常緑樹 天竜峡最大のポットホール、“ばくち岩"

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる