千代の化石


千代の米川峠では、富草層群と呼ばれる1700万年前の海の地層が顔をだしています。ここでは、地主の方の好意によって自由に化石を採集することができます。深い海にすむ二枚貝や巻き貝、ウニやカニなどが、植物の葉の化石とともにみつかります。千代小学校標本室にはこの付近から産出した化石が展示されていて、見つけた化石と照らしあわせることができます。峠の北側の荻坪の観音堂には電柱ほどもある大きな珪化木があります。


 

1700万年前の化石が産する米川峠 荻坪の珪化木の碑
ナウマンヤマモモの葉の化石 キリガイダマシの化石

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる