泰阜中学校の露頭


泰阜中学校の校庭西側にはこの地域がかつて海だったことを示す露頭があります。この露頭は校庭造成のときに現れたもので、工事の時にはフジツボやオオハネガイなどの化石がたくさん産出しました。珍しいものとしてカルカロドン・メガロドンという巨大ザメの歯が見つかっています。海の進入を示す巨礫と化石を含む泥岩の他に基盤をつくる花崗岩が現れています。この露頭は地域を学ぶ教材としていつでも見られるようになっています。


 

泰阜中学校校庭の露頭全景 オオハネガイやフジツボの化石を含むシルト岩
カルカロドン・メガロドンの歯 基盤との境にあるレキ岩

下伊那ふるさと散歩の目次にもどる